HOME
製品とサービス
SSLサーバー証明書
SGC Super Certs
(標準128bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ

携帯サイトでのSSL利用はこちらの商品タイプとなります。
SSLサーバー証明書
SSL Web Server Certs with EV
(標準40bit以上最大256bit EV SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL WildCard Certs
(標準40bit以上最大256bit WildCard SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL Web Server Certs
(標準40bit以上最大256bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL 123 Web Server Certs
(標準40bit以上最大256bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
コードサイニング認証
Apple Dev. Certs
JavaSoft Dev. Certs
Microsoft Authenticode
VBA Dev. Certs
AdobeRAIRTM Dev. Certs

概要・申請の仕方
申請ページへ
無料トライアル21日間
 (サーバー認証のみ)
サポート
よくあるご質問(FAQ)
発行までの主な流れ
料金表&お支払い方法
必要書類一覧表
セキュアシールの取得
ステータスの確認
対応ブラウザ表
対応ソフトウェア表
CSR作成手順
※作成したCSRが正しいかを確認するには実際に申請ページに貼り付けてみて下さい。
thawte support database
お問い合わせ
Thawteについて
O&A No.60014
Q: Microsoft AuthenticodeのPFXファイルをSPCとPVKファイル分離する方法はありますか?
A: PFXファイルは以下の2つの方法でSPCとPVKファイルに分離することができます:
まず前提としてPFXファイルを以下の方法にて生成しておいて下さい:
http://www.jp-thawte.com/faq/60013.htm


@、バッチファイルで分割する

1、こちらから「pfx_to_pvk_and_spc.zip」ファイルを取得し、適当な場所に保存し解凍する。
2、「pfx_to_pvk_and_spc.zip」ファイルを解凍して作成されたフォルダ内に、事前に生成したPFXファイルも保存する。
3、コマンドプロンプト(DOS窓)を起動する。
4、「pfx_to_pvk_and_spc.zip」ファイルを解凍して作成されたフォルダに移動する。
5、以下のコマンドを入力する:

convert xxx.pfx
※xxxは任意の文字列です。

以上です。


ALinuxでOpenSSLを使用して分割する

※まず以下のリンクより「OpenSSL」と言うツールをダウンロードして下さい:
www.openssl.org

※次にPFXファイルをSPCとPVKファイルに変換します。手順は以下の通りです:
1、PFXファイルからプライベートキーを抽出します。
→コマンドは以下の通り:
openssl pkcs12 -in (pfx-file) -nocerts -nodes -out (pem-key-file)
(例)openssl pkcs12 -in SOMETHING.pfx -nocerts -nodes -out SOMETHING.PEM
※PFXファイルのパスワード入力が必要となります。
2、以下のリンクよりPVK transform utilityをダウンロードし、以下のコマンドを実行します:
.http://www.globalsign.com/support/code-signing/PVK.zip
→コマンドは以下の通り:
pvk -in(pem-key-file) -topvk -out (pvk-file)
(例)pvk -in SOMETHING.PEM -topvk -out SOMETHING.pvk

3、PFXファイルから証明書を抽出します。
→コマンドは以下の通り:
openssl pkcs12 -in (pfx-file) -nokeys -out (pem-certs-file)
(例)openssl pkcs12 -in SOMETHING.pfx -nokeys -out SOMETHING_CERTS.pem
※PFXファイルのパスワード入力が必要となります。

4、PEMファイルをSPCファイルに変換します。
→コマンドは以下の通り:
openssl crl2pkcs7 -nocrl -certfile (pem-certs-file) -outform DER -out (spc-file)
(例)openssl crl2pkcs7 -nocrl -certfile SOMETHING_CERTS.pem -outform DER -out SOMETHING.SPC

以上です。


ご注意:
記載文書は、お客様のシステム環境や構成、設定状況により手順や画面表示が変わることがあります。
記載文書内容によって生じた結果の影響について、弊社では一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。
記載文書の一部または全てを無断で他媒体に記録、複製することはできません。
各サーバーソフトウェア及びツールごとの仕様や設定手順など、ご不明な点は製品に添付のマニュアルをお読みいただくか、開発元にお問い合わせください。
前のページに戻る

Copyright(C)MEDIX International Corp All rights reserved.